現在日本国内で市販されているデスクトップ仮想化製品にはVMware View、Citrix XenDesktop、Citrix VDI-In-a-Box、Microsoft VDIなどがありますが、一番使い易くて我々になじみがあるのはVMware Viewではないでしょうか。
このVMware Viewシステムを会社に導入することにより大幅なIT経費削減が可能なんです。
一例なんですが社員数が500人規模の企業では、このシステムにより約2000万円もの経費を削減することが出来るのです。
一体VMware Viewシステムとはどのようなシステムなのでしょうか?
簡単にご説明いたします。
今の日本企業では一人一台のPCやノートパソコンを使って仕事をするのが常識となっています。
各企業ともPCの管理システムについては独自に開発しているところが多いですね。
もちろんシステムをすべて外注する場合だってあります。私の会社がそうでした。
困るのはネット接続上のトラブルやウイルス感染時等々です。
下手すれば会社の営業機能がストップしてしまうほどなので、なんとかそれを一元管理出来ないものかと思っています。
そんな悩みをすべて解決してくれるすばらしいシステムがあるんです。
デスクトップ仮想化 製品 の筆頭VMware Viewを導入することなんです。
ウイルス対策やセキュリティ対策も万全で、会社の大切なシステムを守ってくれます。
システムの復旧だってワンタッチなので助かります。



シトリックス、デスクトップ仮想化に関する情報をまとめた「デスクトップ仮想化ニュース」を刷新



ドリームニュース・ブログメディア参加記事