いやー長かったですね、民主党政権は実に3年3カ月に及びました。
民主党の議員たちは中国や韓国とのつながりは強いのですが、官僚との繋がりが無いのが弱点です。
それで、通貨安競争に敗れ、長い間、円高傾向が続きました。

この期間ですが、国民はガソリンなどの輸入品を安く購入出来、恩恵を受けました。
輸入ワインがあんなに安く飲めるのも円高のおかげなのです。
それがアベノミクスで一転、数カ月で円は20%もノーズダイビングで円安になりました。
これは阿部さん、やり過ぎです。

アベノミクスはいわば両刃の剣です。
努力しないでほくほくの人が生まれる反面、甚大な被害を受ける人たちだって多いのです。例えば、海外の年金生活者、国内では輸入物価の上昇など。
輸出関連大企業は満面に笑み状態、為替差益でほくほくです。
ですが、それを社員に還元いたしません。
苦しむのはいつも中間層の私たちなのです。

アパレル産業界はどうでしょうか。
製品の原料である繊維は輸入で賄われています。
アパレル産業界にとっては、痛し痒しですね。

永田町が活気を取り戻したら、おしゃれな議員さんたちからの需要は若干増えるでしょう。
しかしながら、一番大切なのは庶民であり中間層なのです。絶対数が違いますからね。
中間層の賃金をかさ上げして、アパレル消費を促して貰いたいものです。

日本のアパレル産業は、そのサービスにおいて、世界でも有数の評価を受けています。
それを支える女性陣の資質が高い(世界レベル)ということが出来ます。

貴女(あなた)も、アパレル求人サイトで、アパレル業界への転職を果たしてみませんか。
アパレル産業は、これからますます伸びていく産業だと、確信いたします。
女性の力は偉大なのです。